ハチ駆除で生活の安全性をアップ❘駆除のエキスパートが活躍

帰巣本能の強さ

作業員

群れで生息する鳩はとても執着心の強い鳥です。さらに帰巣本能も強いので、巣と決めた場所には何が何でも帰ってくるでしょう。それが自然の中なら大した問題ではありませんが、人が住んでいる住宅を巣として選んでいるなら住人にとっては困った問題です。鳩が住み着く場所の条件として、天敵となる生き物がいないことが第一に挙げられます。天敵となる存在の多くが鳩の卵を狙う為です。安心して子育てをする為に巣探しは念入りに行なっていくでしょう。天敵からの被害を受けないように、巣の候補をいくつか挙げて幾度もその場を訪れていきます。何度も同じ場所をチェックし、天敵が本当に来ないか、人目につかないかといったことを確信したらそこに巣を作ります。

鳩は帰巣本能が強いので、住み着かれた側となる住人があらゆる対策を施しても難なくかいくぐっていきます。鳩の対策アイテムとして最も知られている防鳥ネットは、隙間なく設置されても網を噛みちぎって中へ侵入していきます。鳩の執拗な性格には住人も困り果ててしまいます。鳩が住処にまきちらす糞にはたくさんのウイルスが潜んでいるので、乾燥した糞が風にのって住宅内に入り込むと、住人に健康被害がもたらされる可能性が出てきます。代表的なウイルス、サルモネラ菌が体内へ侵入すると食中毒と同じ症状が現れ、激しい吐き気と腹痛に悩まされます。免疫力の低い幼い子どもの場合、被害はさらに大きくなるでしょう。そうした危険性があることから、鳩駆除業者の需要はなくならないのです。

鳩が住宅に住み着くことによって生じる被害は大きいものです。早めに鳩駆除業者を雇いましょう。鳩駆除業者の中には、駆除作業のみならず、糞害の後始末まで徹底して行なうところがあります。乾燥した糞にはウイルスがさらに増えるので外へ漏れないよう袋に密封し、住処の跡には効果の高い殺菌剤を散布してくれます。業者選びをする際には、駆除以外のサービス面にも着目してみるといいでしょう。